• 梶原亜希子

ストーマ(人工肛門)と、傍ストーマヘルニア

更新日:2019年8月20日


お腹に造った、排便のためのストーマ(人工肛門)。術後数年経ってから、ストーマ周囲の皮膚が盛り上がり、あたかもボールのように出っ張ってくることがあります。

そうなると困るのは、ストーマパウチをお腹に貼るとき。肌に沿わせようとすると シワになってしまい、それが便の漏れや肌トラブルの原因になることも…。

今回は、面板のフラワーカット🌸でうまくいきました!



ちょうどいい場所に クサビ状の切り込みを入れて…

「シワになって突っ張る感じがないし、漏れもないし、すごく良いよ!」

もうじき86歳ですが、ご自分でばっちり管理なさっています☆





閲覧数:341回

最新記事

すべて表示