つむぎdeはたらくQ&A

Q1. ひとりで訪問するのが心配です

A1. 看護師として、一人で利用者さん宅へ出かける……。最初は不安も当然です。 

つむぎでは、最初のひと月は管理者と一緒に訪問します。それから徐々に一人で訪問できるお宅を増やしますが、 訪問中に判断や決断に迷ったときは、管理者に電話連絡して相談します。ピンチの時は、管理者や近くにいるスタッフが応援に駆け付けます。

Q2. オンコール当番が大変そうですが?

A2. 24時間対応、一晩中寝られないイメージでしょうか。

実はつむぎでは、深夜早朝の緊急連絡は年に数回です。「今夜あたり…」と分かっている場合が多いです。その他は、朝7時以降や、夜22時頃までの相談が月に1~2回ほど。実際に訪問するのは、その半分くらいです。

Q3. 医師とのやりとりはどうしますか?

A3. 医師報告や指示受けも、最初は管理者と一緒に行います。

 会う、電話、FAX、メールを緊急度や内容により使い分けていて、 医師や病医院のスタッフさんに顔を覚えてもらったら、一人で報告に行くことも。緊急でない報告なら、FAXもよく使います。

Q4. 介護保険など、訪問看護の制度のことがよくわかりません。

A4. 訪問看護にまつわる制度は、改正のたびに複雑化しています…

なかなか、一度に完璧に覚えるのは難しいので、 時々皆で勉強会をして学び直しをしています。また、 あら?と思った時に、自分で本や手引きに返って調べ直す。こうした積み重ねは必要かもしれません。