病気や障がいをもったとき、

 治る場合には、なるべく早く治るように。

 もしも完治が難しい場合でも、症状を軽くして楽に過ごせるよう、また、やりたいことができるように。

 体と心の調子や環境を整える手当てをしたり、ご一緒に考えたり、

 医療的なことをわかりやすく説明したりします。